導入事例

アストリムは様々な環境で活躍しております。使用事例をご紹介いたします。
※事例の詳細を見るには会員登録が必要です。

アスリートのコンディション管理事例

ユーザーレポート 事例の詳細を見るには会員登録が必要です

リオオリンピック銀メダリストを輩出する強豪日本体育大学男子レスリング部では、"急速減量"のコンディショニングのために、アストリムを活用している。体重階級性のある競技にとって、"減量"は切り離せない命題だが、減量値が大きく、ヘモグロビン推定値が低下したままの状態で試合に臨んだ選手が、好成績を残せないケースが多いことに着目した。より安全に、かつ効果的に行える減量方法とコンディショニングについて、日本体育大学の黄 仁官先生とレスリング部の松本慎吾監督が語る。※本記事は、株式会社ベースボール・マガジン社様の許可を得て転載しております。

第39回全日本少年サッカー決勝大会で3位という好成績を残した兵庫フットボールクラブ。アストリムを導入したきっかけは「子どもの集中力が低いと感じる場面があった」こと。実際に測定してみると、そのような子どもたちはヘモグロビン推定値も低い傾向にあったと言う。永濱和紀代表は、サッカーが年中スポーツとなる中、試合や大会が休み無く続く環境では、スポーツ貧血が発生しやすくなることも当然の流れと指摘し、警鐘を鳴らす。"考えるサッカー"を信条とし、アストリムも"考える"ための材料として活用する兵庫FCの事例を紹介する。 ※本記事は、株式会社 ベースボール・マガジン社様の許可を得て転載しております。

茨城県では、2019年の「いきいき茨城ゆめ国体」開催に向けて様々な競技で選手強化が進められているが、その中でも茨城県水泳連盟では、小学5年生から中学2年生のジュニア世代を育成ターゲットに設定し、アストリムによるヘモグロビン推定値を用いたコンディション管理を行い、保護者も巻き込んだ強化策が進められている。 ※本記事は、株式会社 ベースボール・マガジン社様の許可を得て転載しております。

『陸上王国』と名高い兵庫県の兵庫陸上競技協会は、夏の国体代表候補選手合宿にアストリムを導入し、各選手達の体調を“データ”として把握し、さらなる強化と調整を試みている。種目を問わず起こりうるスポーツ貧血のリスクを知り、将来を見据えた地域全体の競技力強化のため、短距離や跳躍種目でもアストリムを用いたコンディション管理を進めている。果たしてその成果は。 ※本記事は、株式会社陸上競技社様の許可を得て転載しております。

甲南大学女子陸上競技部は、五輪3大会連続出場など男子短距離で輝かしいキャリアを誇る伊東浩司先生の指導の下、今、さらなる飛躍を目指す。特に短距離種目や跳躍種目において、日々のトレーニングに対するコンディション管理にアストリムを活用しており、鍛錬期となる冬季で絶大な効果を発揮。その結果、今期のトラックシーズン開幕とともに、高記録ラッシュに沸いている。その躍進の陰にあるアストリムのコンディショニング方法をレポートする。 ※本記事は、株式会社陸上競技社様の許可を得て転載しております。

日本を代表する名門総合体育大学は多くの名選手を輩出するが、陸上競技部の長距離パートも箱根駅伝で優勝するなど、大学長距離界の強豪として名を馳せる。その特徴はチーム内でヘモグロビン推定値を始めとした身体の計測体制を確立し、安定したデータ採取に成功している点にある。アストリムで継続的に測定することで故障者の減少にも繋がった。またデータのフィードバックを学生主体のサポート体制にて確立した事例を紹介する。 ※本記事は、株式会社 ベースボール・マガジン社様の許可を得て転載しております。

※本記事は、株式会社 ベースボール・マガジン社様の許可を得て転載しております。

選手のスピードが落ちた時、判断力が鈍っている時、体の反応が遅い時、スタミナが落ちている時、様々なケースに疑われるのは貧血であることを認識し、成長期の体づくりに不可欠な栄養サポートを取り入れている、京都橘高校サッカー部米澤一成監督。神戸女子大学の坂元美子先生と連携し、アストリムでのヘモグロビンチェックを積み重ね、データを元にしたコンディション管理を行っている。運動量と機動力に溢れる京都橘高校の強さの秘訣がここにある。 ※本記事は、株式会社 ベースボール・マガジン社様の許可を得て転載しております。

長距離選手にとって避けては通れないスポーツ貧血。長距離選手の競技力向上、継続して練習できる体づくりのために、ヘモグロビンのモニタリングは必須だと、データを用いて確かな指導を行う高尾憲司コーチ。大学ならではの専門研究環境も活かし、選手の意識も変化させている。 ※本記事は、株式会社 ベースボール・マガジン社様の許可を得て転載しております。

高校総体1500m 2位をはじめ、アジア大会10000m優勝や旭化成所属当時では全日本実業団駅伝優勝など輝かしい記録を持つ高尾憲司氏(株式会社ブルーミング)が主催するランニングクラブブルーミングでは、ヘモグロビンチェックをはじめ科学的コンディション管理の指導方法確立を目指す方針があり、専門的かつ本格的サポートが得られると好評だ。ヘモグロビンを含む多数のデータは独自の「クラブカルテ」で管理されている。 ※本記事は、ランニングクラブブルーミング様の許可を得て転載しております。

各種測定と分析でジュニアのコンディション管理をサポートするNEXT POWER代表の母里 充氏。島根県の女子高校駅伝を大会新で三連覇を果たした県立平田高校や、島根県の中学男子駅伝の優勝、準優勝の両校を指導する。ヘモグロビンと長距離のパフォーマンスとの関係を実感し、母里氏がNEXT POWER設立時に最初に取り入れたものが、ヘモグロビンを継続的にチェックできるアストリムだった。 ※本記事は、ネクストパワー様の許可を得て転載しております。

04年アテネ五輪女子マラソン金メダリストの野口みずき選手が所属するシスメックス女子陸上競技部では、すでに10年来、継続的にアストリムを活用し、選手のコンディショニングを行っている。選手の測定データを継続的に蓄積し、管理および分析することで選手のコンディションの変化の把握に努め、故障やケガなどのリスクを回避するなど、パフォーマンスアップにつなげるコツを紹介する。

フィットネス施設内プログラムでの運用事例

ユーザーレポート 事例の詳細を見るには会員登録が必要です

高齢者の利用が増える中で、より健康管理へのニーズが高まるフィットネスクラブでは、ヘモグロビンチェックと体組成測定を定期的に行い、休会者の来館を促すことに成功している。この簡易な測定サービスにファンは多く、会員のモチベーションを維持し顧客満足度を高めている。 ※本記事は、サンスポーツクラブ様の許可を得て転載しております。

健康的な身体づくりのためには、自身の身体を知ることは必要不可欠であり、特に女性にはヘモグロビンは必ずチェック頂きたい指標であるが、特に普段から健康に気を遣っているゴールドジムの女性会員の方々でも、なかなかご自身のヘモグロビンの数値はご存じないもの。トレーニングの合間に、採血なしで約40秒で簡単にチェックが可能なアストリムのヘモグロビンチェックの様子をレポートする。 ※本記事は、株式会社フィットネススポーツ様の許可を得て転載しております。

栄養学分野での研究、実習授業での使用事例、
食生活のアドバイスツール事例

ユーザーレポート 事例の詳細を見るには会員登録が必要です

社員食堂でのヘモグロビンチェックサービスは、就労世代の生活習慣病予防などに一役買い、社員の医療費削除につながることも期待されている。エームサービス(株)では、ヘモグロビンチェック以外にも骨強度や血管年齢などの簡易測定を行い、管理栄養士・栄養士からの食習慣アドバイスが受けられる、充実のサービスプログラムを提供する。 ※本記事は、公益財団法人 健康・体力づくり事業財団様の許可を得て転載しております。

栄養士養成のための健康栄養学類において、「栄養学実験」の一環としてアストリムを使用。学生が1ヶ月4回の授業で毎回測定し、さらに食事調査も行い、その結果からヘモグロビンを維持するために必要な栄養素である鉄・ビタミン・タンパク質などの摂取量を考察していく。 ※本記事は、株式会社 医薬広告社様の許可を得て転載しております。

健康サポート薬局の健康イベント活用事例

ユーザーレポート 事例の詳細を見るには会員登録が必要です

「処方箋薬」「食事・栄養」「検査」を3本柱に置くライフバランス薬局では、いち早く検体測定室を取り入れ、様々な装置による測定結果によって適切なアドバイスを付け加えて患者様にお返ししている。そのうちの一つ、ASTRIM FITも鉄剤を処方された患者には継続的な測定を勧め、飲み続けるための励みとなるようコミュニケーションを取っている。健康サポート薬局として、健康イベント開催時だけではなく、普段から気軽に立ち寄れる薬局として、遠方からの患者も後を絶たない。 ※本記事は、日経BP社様の許可を得て転載しております。

全国366店舗(平成28年2月現在)の調剤薬局を展開する株式会社ファーマみらいは、近年、健康イベントの開催に力を入れている。患者様の満足度向上、待ち時間の緩和、競合店との差別化などを目的に、今年度は年間130回以上を開催予定だ。健康相談ができることによる地域住民の信頼は厚く、健康サポート薬局としての大きな一歩を踏み出している。イベントでは採血せずに測定できるアストリムが活躍し、健康サポート薬局づくりに貢献している。 ※本記事は、日経BP社様の許可を得て転載しております。

Get ADOBE READER
PDF形式のファイルをご覧になるには、
アドビシステムズ社が配布しているAdobe Readerが必要です (無償)。